本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

色とりどりの人生を!

2018-11-30

先月カモメ広場で出会った色とりどりの

さをり織りに魅せられて

その工房を見学させて頂きました。

 

諫早市にある「さをり織り工房」さんは

高度の知的障害の方々が通う障がい福祉事業所でした。

施設長の上野さんの息子さんがダウン症だった事がきっかけで立ち上がった工房。

今では多くの利用者さんが、さをり織り職人として活躍しています。

細い糸を玉結びして繋ぎ、何千回と織り機を通し一枚の長い布へと織り成す作業は、とても集中力を要します。

 

「初めから出来る子はいない。けど、出来ないと決めつけてはいけない。そう決めつけている親が多いんですよ。うちの子は障害があるから特別だと思いこんで、この子達の可能性に蓋をしてしまうのは実は親なんです。ここでは特別扱いはせずに、可能性を信じて自立をサポートします。

全員それぞれのペースだけど必ず出来るようになるんですよ」

と上野さんは、厳しくも優しい母親の顔で話して下さいました。

 

布の色柄は、折り職人さんの心の表現

世界に一つだけの彼らが織った布は、バッグやポーチ、帽子などに型を変え手にした人の心を癒しています。

 

自分のした仕事が、人の役に立つこと

そして対価を生むことが彼らの最大の喜びです。

なぜなら、その対価の一部を積み立て親を旅行に招待したり、兄弟にお小遣いをあげたりと

家族を喜ばせることができるから。

と、とても素敵なエピソードを沢山伺いました。

 

さをり織り工房で過ごした時間は

たった数時間でしたが

私にとって心洗われるピュアな時間でした。

 

さをり織りに込められた可能性は無限大!

チームあゆみ第一歩を踏み出しました!

2018-10-15
あなたと共にあゆみたい

お忙しい中参加してくださった皆様

準備や声かけにご協力頂いた皆様

本当にありがとうございました!

ほぼ満席の会場と応援VTRの皆さんのあたたかいエールに感無量でした。途中頭が真っ白になりほとんど感謝の言葉しか伝える事ができませんでしたがこれも今の実力と受け止め一歩一歩あゆみを進めて参ります。これからも応援よろしくお願い致します。

10月はピンクリボン月間です

2018-10-08

第4回SASEBOピンクリボン祭&ピンクリボンカップ風船バレー大会に参加しました!

NPO法人葵会主催のもと

乳がんの啓発活動はもちろん患者さんとの交流

障がい者の方々とスポーツを通じて触れ合う事を目的とし開催されています。

今回は過去最多の21チームがエントリーし

大人も子供も障害のある人もみんな思い合い助け合い

チームワークで楽しくプレイしました。

私も実行委員長として司会をさせて頂いたり

100人分のカレーや唐揚げを作ったりとドタバタでしたが、ボランティアスタッフの皆さんも見事なチームワークでした^ ^

参加させて頂きありがとうございました。

写真はドローンで撮影して頂きましたよ。

 

これからも

障がい者さんや患者さんの

生活や仕事、生きていく中で

どこにもやり場のない思いや小さな声を

しっかり受け止めていきます。

チームあゆみ結成会のご案内

2018-09-15

いつも応援して頂きありがとうございます

私、白川あゆみは来年夏の参議院選挙に向けて

日々準備を行っています。

身の丈以上の大きな大きな挑戦であり

とても1人では歩めない険しい道のりであることは承知の上です。

 

この道のりを共に歩んでくれる有り難い

信頼できる仲間により

白川あゆみ後援会が発足しましたので

下記の日程でキックオフ会を開催致します。

 

1人の100歩より100人の1歩です。

みなさんと共にはじめの1歩を踏み出したいと

思います。

ぜひともご参加下さいますようお願い致します!

 

10月13日土曜日14〜15時

長崎市常盤町ホテルニュータンダ1階にて

出馬への決意、感謝の気持ちお伝えしたいと思います。

参加無料

お子様連れ歓迎

どなたでも参加出来ます

佐世保からホテルへの車手配します

興味のある方は是非ご連絡ください。

人が輝く社会へ

2018-09-13
このホームページを製作して頂いています
DSブランドの皆さんと「ライフスタイルと政治」について ディスカッションさせて頂きました。
働く30代の子育て世代チームと
働く20代の独身チームに分かれて
生活の中にある課題や疑問を伺いました。
子育てチームには保育システムのあり方や、無償化の是非など
独身チームからは政治不信、地球温暖化、税金の使い道、多様な結婚観など様々な意見がありました。
働き方に関しては、ノープロブレム!
以前7人同時期に産休を取ったこともあるそうで
産休育休後の職場復帰100%
時短による生産性アップを実現
男性の育休取得推進など
経営陣の徹底した働きやすい環境づくりには
社員に対する深い深い愛情を感じました。
 
人が魅力的になれば、企業が、地域が、社会が魅力的に輝く!
一人ひとりが望むライフスタイルを実現するためには
企業だけではなく国が現場の声に耳を傾けることが必要です。
 
DSブランド・おりこうブログに関する お問い合わせはこちらへ